今週の通院は学会により休診。
形成外科だけは診察をしていたけれど、、、、行けばよかったかな。と、少し後悔。

いうのは・・・
当時、外科的手術により耳たぶ半分後ろ側の内部の骨を癌が浸潤し、骨破壊を始めていたらしくちょうど、その部分から耳のつけ根辺の部分の骨ごと細胞を根こそぎ採取しています。
そこへコメカミ脇の筋肉を骨の代わりに代用しているわけですが・・・。
一度、体から付いていた耳を再度、再生さけて縫合しているので、耳の後ろのつけ根の皮膚が年々、中へ引き込まれる感じを受けていました。
皮膚がひだになり、重なり合う部分に炎症が起きないと良いけれど・・と不安に思っていたのが、年数が経つにつれて重なった部分は空気に触れず、余った皮膚的な状態になっていた。
少しの痛みはあったけれど、以前に形成外科の先生に相談したところ、余分な皮膚は切り取って縫合できると聞いていたので、いずれその時が来るんじゃなかろうかと・・・。

もしかしたら、そんな時が来たのかもしれない・・・・気がする。
本当に1cm~1.5cmくらいの箇所なのだが、赤くなりジンジンと痛みが出る。
この痛みにより耳たぶ全体がバリバリに張っている状態。
周囲にもこれによる痛みや張りの不具合が出ているのだ。
え?もしかしたら、これが原因でずっと何年もペイン科にかかっているんじゃないだろうね・・・。と、一抹の不安。
ま、確かに頭部やコメカミの傷跡の痛みに関しては違う。

どうなんだろうか。
今週はペインも形成外科も診察予定なので、詳しく聞いてみることにする。


今年も猛暑、夏真っ盛りです。
どうぞ、皆さまお体をご自愛ください。
[PR]
# by noriko0113 | 2015-07-25 23:42

只今、
オキシコンチン朝夜・各1錠
リリカカプセル25㎎・朝、夜各1錠 (状況により昼、就寝前、量も調整)
ボルタレン錠朝、夜・各1錠(状況で昼)
疼痛時にオキノ―ム散
あとは、漢方薬、朝昼夜各1包

以上はぺいん科での投薬分のお薬。

このままいけば、オキシコンチン錠からトラマールカプセルに移行できるかも。
オキノ―ム散には、しばらく助けてもらわねば・・・・。

7月、博多での滞在中に台風接近。
飛行機の運航やこちらに戻ってからの病院までの電車運行を考え、通院日を変更。
そしたら、ああ・・・学会でペイン科は2週間後(これは、わかっていたのでしかたなし)
ただし、手元の薬がもつかどうか・・・
ついでに、整形外科も・・・・学会で休診。これも2週間後に・・・。
形成外科もあり月末通院は、一日がかりになりそうな気配・・・・・(-_-;)
[PR]
# by noriko0113 | 2015-07-24 19:38

あれから

薬を飲むのが怖くなった・・・・。
量的には、それほど多くはないはずなんだけど
本当に私はこの薬が必要なのか・・・・。

自己調節で、2錠を1錠に変更して飲むことを医師から許可を得ているので
調子の良い時は、減らしているのだが・・・。
それさえ、どうなの・・・

なんだか、ココロの底の方でそんなことがグツグツと・・・・。 
[PR]
# by noriko0113 | 2015-06-24 23:01

傷つく・・・・事件

今回のトヨタ自動車の外国人女性役員麻薬密輸事件について
見つかった薬がよりによってオキシコドンであったことに
大変大きなショックを受けている。

現在、同じ成分を使用し「オキシコンチン錠」また、レスキュー用として「オキノーム散」を投薬している身として、
勿論、私自身は医師の診察の元に病院、処方箋薬局でもきちんと医療用麻薬使用者として登録をされている。
が、この成分薬が海外で、麻薬中毒者の増大、社会を滅ぶすと大問題になっていることを今回の事件で知った。
以前、私は、この薬を飲み続けて(もちろん治療用で)中毒になることはないのか・・・と医師に訪ねたことがある。
医師の診察により状況を把握し処方されているのだから大丈夫。と言われたが、一抹の不安もあったのも事実。
このブログを遡れば今の薬に辿り着いたことは明白にわかるのだが・・・。
気持ち的に、こう、おおきな社会問題、国際経済までにも発展する事件となり、良い気持ちはしない。

できるだけ早く減薬して、この薬から脱出したい気持ちでいっぱいである。
この薬での治療者への誤解が無いよう理解が大切に感じる。

ほんとうに、大変に迷惑なことを仕出かしてくれた頭の良い経営者だ・・。
[PR]
# by noriko0113 | 2015-06-21 14:27

長らくご無沙汰していますが、変わらない状態が続いています。
[PR]
# by noriko0113 | 2015-06-16 17:59

ペイン科の担当医師が変わった。
だいたい、2年ごとの交代となっているようだ。(もう一人の先生はそのまま居る・・・)
前回の先生は注射が非常に上手だったし、きちんと向き合って治療してくれたと感謝。

さて、今回の先生。
自分から注射は下手だと告知してくれてもそれは、困る。大変困る。
減薬には熱心のようで、前先生のように様子をみながら調節してみて・・・。
という感じではない。
んじゃ、減らしてみようか!みたいな・・・。
ま、良いんですけど。。
今回は麻酔薬の針を表面動脈に触れちゃったん見たいで血が噴き出してしまったようで
2分間、押えるね。とギューっと押えられたけれど、そこを押すと注射してほしい箇所も押えちゃう・・・
すなわち、押された痛みで挿してもらう箇所がわからないくらい、押されてしまいそっちで痛い・・・。

・・・・なんだか、これから2年間。
とっても不安を感じる・・・。

ただ、漢方薬に関しては、ちょっと自信ありのようで、私の上半身の冷え、これからの扇風機の風やエアコンの冷えなどで痛みを感じるタイプの人への漢方薬はツムラ18番(ケイシカジュツブトウ)よりも
63番(ゴシャクサン)が良いというので、変更することにしてみた。
ただ味は、んんん・・不味い。

減薬
オキシコンチン 朝晩各2錠 → 朝晩各1錠。
そのかわり、痛みのや対応で即効効果があるオキノ―ム散を飲むことに。
これ、どちらもなくなれば医療麻薬登録がなくなる
したがって、海外に行く時に申請しなくてよくなる~って、行かないし・・・・。
[PR]
# by noriko0113 | 2015-04-26 16:49

3月に突入しました。
最近は、仕事の関係やら交通費なども考えて月2回の通院になっている。
今回の冬は雪こそ殆どお目にかからないけれど、とにかくも寒い。
春へと季節が移りつつある風景でもまだ、寒い日はしばらくありそう。

一時的に痛みも楽に思えて、さて、薬の減量と勇んでいたのに、寒さの戻りに私の症状も逆戻りとなり、もどかしさを覚えて落ち込んでみたり。
先生は、焦らずにいきましょう、その前向きな気持ちは良い方向に行くってことだと思う。とは言ってくれますが。
実際問題、医療費(投薬費用)も、バカになりません。
年齢が上がるにつれて、夫の定年を迎え収入は減ることによって、この医療費は大きな問題なのです。
もちろん、私の収入はあるので、病院にかかれないわけでもないし、夫の扶養家族として保険も使えるし、今まで通りの投薬でいけるけれど、生活のゆとりや老後の蓄えを考えると、今までと同じと云うわけにはいかないのでは・・・・・。
夫は、体を一番に考えるべきと、言ってくれますが。
どこまで、どれだけ…の先の見えない状態での私の唐だの状態に自分で焦りが見え始めているのが本音。
しかし、薬を飲んでいることによって今の体調を維持できていることも本音。

今月末で今の担当医が交代になります。
私としては、とても良い先生だったので残念です。
4月からの先生にも、引き継ぎでお目にかかったけれど、印象は…。
頼むよ!!先生!とお尻を叩いて良いと、今の先生からのお言葉を頂きました。
ほんとに、頼むよ!!

夫が腰部脊椎狭窄症になり単身先の福岡で手術、入院となり
7日より25日まで看護として福岡へ行ってきます。
途中、自分の治療通院ができなく不安。
3週間分のお薬を山ほど持って向かいます。
27日には最後の診察となる先生に見てもらえるので必ず行かなくちゃ。

では、行ってきます。
[PR]
# by noriko0113 | 2015-03-07 09:29

ってタイトルでいこうかなぁ・・・どうしようかな。。と検討中です。

今月2月末で、今の治療担当をしてくれているドクターが移動になります。
今年で6年目を迎えるこの科での治療で今の担当医で3人目。
2年に一度のローテーションとなるわけですね。
お隣の部屋での指導医であるドクターはずっと変わらず移動なしです。
私の手術の時に担当してくれていました。

今の先生は、丁寧で注射も上手でした。時間はかかるけれど、しっかり話も聞いてくれたし
漢方の薬も処方してくれたり。。と残念です。
が、仕方ありませんね。大学病院ですから。
次回の先生にも期待?したいです。
結構、言いたいこといっていいですよ。と、聞いてますし・・・(笑

今の状態は、薬の減薬を目指し、あと2~3年で治療を終わりにしようと考えていますが
今年の寒さは例年になくキツイです。
雪も予報が外れることが多く、ほとんど降っていません。
その代わりに気温の低さや吹く風が冷たすぎます。
ジブ末の漢方薬の追加のおかげで、血流がいくらか良いようで風にさらされても良くわからない状態ですが、その代わりにマフラーやコートの襟などが耳(特に外耳)に当たると痛くてたまらないのです。
そうなると、神経の伝達であっちこっちの神経からSOS!となってしまうので上手くいきません。
せっかくの減薬で、2錠を1錠にしてみたりと調整しても痛みが取れずに結局は、今まで通り。
この時に、この痛みには何の薬を飲めば効果があるのか・・わからなくなり今回の診察の時に聞いてみました。
何を飲めば。。。というのは、
オキシコンチン錠(量を調整中)
リリカカプセル(量を調整中)
オキノ―ム散

やはり、一番効果があるのはオキシコンチン。←飲む量を戻す。ただし、これは朝晩2回と飲む間隔が決まっているので勝手に飲んだり増量はできない。
リリカカプセル ← こちらも効果があるが、効果が出るまでに時間がかかる。これは、一日に飲んで良い量を超えないこと。

オキノ―ム散 ← こちらは即効性。オキシコンチンと違って痛みが辛かったり状態の悪い時に飲むことができる。但し、持続性はなし。

オキシコンチン、オキノ―ムは麻薬類に入るので、病院と薬局ではリストに記名してある
リリカカプセルもどれも自分の合う量を間違えるとふらつきや眠気が襲ってくるので、その時は自分には多いということになる。

無理に減らすことを考えずにこれから春に向かって暖かくなるで、期待しましょうと言われた・・。
で、今回は漢方薬2種類、上記の薬と調整用に更にリリカカプセル75㎎を追加。
ボルタレン錠とそれの胃薬ガスター20、
あとは便秘薬(下剤)。←オキシコンチンで便秘の副作用がある。

この薬の量・・減らしたい・・・・。

それと、血流の悪い右側側頭部が、この冷たい空気に当たることによって眩暈を起こす。
朝の出勤で駅から10分ほど歩いて会社に着くと、相当温かい部屋の気温差にバランスを崩してしまう。
結構これは、キツイかもしれない。
風が当たらないようにしたいけれど、イヤ―マスクは耳周りを上記の理由で上手くカバーできない。
マフラー、ストールも巻き方を工夫しなければならない。
毎年の事といえど、今年は特にキツイかも・・。
血流を取れば、痛みが出る。・・・どっちを取っても・・う~ん。

最近のことといえば、右側の眼球に針で刺したような痛みが続いた。
たぶん、三叉神経痛からきているのだと思う。先生に話したらやはりそうらしい。
もともと、手術によって麻痺した部分は外見的にはほとんど治っているけれど、実際の神経の方はダメージは残っている。
だからこそ、治療しているのだけれど。
結構この痛みは痛い。
今は収まっているけれど、また、いつ痛くなるかと思うとゾッとする。
先生からもどうんな状況でそうなるのか、チェックしてみてと言われた。


毎回同じような内容で良いのかな・・と思っている。
[PR]
# by noriko0113 | 2015-02-14 13:58

新しい年を迎え、もう1月も後半に入ってしましました。
昨年は、この愚ブログへ足を運んでいただきましたお礼と、今年もまだ、続くのかよぉ~!と言われつつも
ボチボチと更新していく予定です。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

どうしよかなぁ~と思ったタイトル変更。
未だに新しいものが見当たらずな状況です。

今回は、通院治療もこともそうですが、最近の体調などを・・・。
今年初のペイン科へは9日に行ってきました。
年末に漢方薬に追加でブシ末を出していただき飲むようになって、北風の冷たさが感じなくなりました。
不思議なもので、なんともない(と思っている)左耳は冷たさを感じるのに、まさに右耳側は冷たくも感じないんです。
ぽかぽかする・・って感覚もないけれど、冷たい冷気にはビクともしないのは何だろう・・・。
このブシ末というのは、トリカブトの根を処方箋薬局において微粉末に処方してもらうのです。
冷えなどによる血液の流れをよくするらしいのです。
すごいですね。この効果・・・。

ただし、だからと言って他の症状が無くなったわけではないのです。
耳鳴りで眠れなかったり、生地やマフラーなど接触することによる痛さやその刺激から神経を伝わって
始まる痛みや重さは、残念ながら快方には向かっていないのです。
それでも、そのなかの原因の一つがこの薬によって良い方向へ向かっていることも事実です。

私の場合、今の病院でお世話になっているのが他に数科あります。
慢性甲状腺疾患のよる内分泌科(内科)、
頭頚部外科を卒業しその後の主治医となって頂いている形成外科、
右手首のCM関節炎のための整形外科、
円形脱毛症で皮膚科(こちらは前回一応、終了。ただし、甲状腺の関係で何かあれば診察可能)
リハビリ科(CM関節炎のためのサポーター。先生が手専門の担当に代わり、今はお休み)

などなど、大きい病院なので一ヶ所で済みますが、電車代やら診察日などが決まっている科もあるもで
できれば一日ががりでも一度に済ませたい。
ぐるぐると病院を回ることもあります。
まさに、次回はそれ。
9時30分に最初の診察、整形外科から始まります。
その前に到着直ぐに内科のための採血→整形外科→内科→ペイン科→形成外科
と、30分ごと刻みの予約。
ペイン科は診察、処置までに込むと2時間ほど。形成外科も1時間ほど待つ時も。
でも、まぁ慣れてきたもので場合によっては受付へ順番を変えます。と申し出てこちらで調整することもしばし。
私としては、最後は形成外科で主治医となってくれている先生に、現在の状態やら、ペイン科での診察の経過や様々な内容をお話したり相談したりして一日の診察を終えたいのが理想。
ペイン科も形成外科も急がなくても最後に回ってくれればいいよ。とお優しい言葉をいただいて助かっています。(急を要しないってことですね)
本当は9日に予約が入っていた整形外科。先生の都合により延期。23日になりました。
こういった時、直接先生から自宅に連絡が入ります。
さすがに「○○病院の△△ですが・・・」って言われるとビックリしますよね。
担当が手専門の先生に代わって時間が余り経っていないので最初は誰かわかりませんでした!

今回気になるのは、右手の関節炎のこと。
状況的に手術するかどうか・・・な感じなのです。
年末に具体的な手術方法を聞いたりして3月頃・・・って話をしていたのだけど・・・。
手首だけでなく肘、二の腕に向けて痛みが走っていること。
完全に腫れて親指の付け根から手首は左と比べると二周りくらい大きくなっているかな。
腕も重いです・・・。
ただ、デカ嬢の出産、チビ嬢の思いがけない入院などで貯めていた有休の残りがほとんどない。
年末に風邪もひいて休んだし・・。

一週間の入院。(全身麻酔?部分麻酔かは未定。)
その後、の仕事など・・・。
日常、全く使えない訳ではないので次の有休が出る5月まで伸ばすか・・・。
さっさと痛みから解放されるか。どうするか・・・。
そんな話をすることになると思う。

それと・・・胃の調子が良くない・・・。
食べて直ぐにもたれる。重い。張る。いつまでも消化されないで残っている感じ・・・・。
胃カメラ飲むかなぁ・・・って本気で思う。(飲んだことなし)


ペイン科への通院もそろそろ終盤に向かわないと・・・と考え中。
医療費(薬代)がやはり負担大。(内容が内容だけに・・・)
術後の経過時間の倍時間と、言われあと何年?その時まで・・・。
今以上に悪くならなければ、どこかで打ち切ることも考えないとならないんじゃないかと。
もちろん、薬を止めたら今の状態がどうなるか・・・考えたくないけど。
でも、どうにかやっていけるんじゃないかって。
世話をやく子供ももう成人したし、後は自分と夫だけ・・・。
どうなのかなぁ・・ってモヤモヤ・・・・・。





夫の収入も定年を迎え、減少。
できるところから節約して行かないと、これから先を考えると・・・。
とにかくは、今飲んでいる薬の減らすこと。
[PR]
# by noriko0113 | 2015-01-18 21:56

年内最後の診察日

大変なご無沙汰となりました。
回数も100回を雄にこして、あら?今、何回…って始末。
もう、止めちゃったんじゃない?なんて、もしかして思った方もいたかな~。
この間、色々バタバタありまして、通院はしていたものの記事を書く時間がとれませんでした。
現在は、今までの薬に加えて漢方薬を追加し、血流を良くするために
トリカブトの根からとった「ブジ」というお薬を一緒に飲んでいます。
まだまだ、のみ始めたばかりで効果が出るまでには時間がかかりますが、期待したいです。
冷たい空気に耐えられれば効果あり!となるのですが、それより重苦しさはこれでは効かないので、いつものお薬を飲む状態です。
オキシコンチンを減量し、更には飲まずにすむようになることを目標に来年もトライしていきます。
100回を回ったので、タイトル(題名)を年明けに変更したいと考えています。
(ブログ名では、ありません)

皆様にとって来年が良い年でありますように。
ご拝読ありがとうございました。
[PR]
# by noriko0113 | 2014-12-26 10:52

日常なかで、その日、その時に感じたこと・・ココロの扉を開けてみる 2006年右耳外耳道癌の手術をし 2011年無事に5年を迎えました。現在、手術後遺症:末梢神経障害による痛みと闘い治療中。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30