ブルー


雨降りは憂鬱・・。

このブログ、自分で書いてて私ってとても暗い人間なのかしら・・と考えてしまった。
もし、外での私を知っている人が見ちゃったら、果たして私とわかるかな・・・。


仕事が非常に忙しい。
今日は半日ほとんどパソコンに向かってデータ入力。
テンキーをむさぼるように、ひたすら入力の一日でした。

うーん、昨日は疲れすぎ?でお布団に入っても寝つきが悪い。
変に神経が興奮していたんだろうなぁ。
それでも、翌朝、5時過ぎには起きて子供のお弁当を作らなくちゃならないから
母はつらい・・・。

こんな状態で気分も下降気味。
なんだか悲しくもないのに、泣きたくなる。
涙がポロポロと落ちてくる。

単身先のパパと電話をしてて、ちょっとしたことで気まずい雰囲気を作ってしまった。
思わず、毎月、そんなに帰ってこなくてもいいわよ。とココロの中で叫んでしまった。
今月はちょこちょこ帰ってくるので、まぁ、本人も出張気分。
私がこんな状態の時は、本当は重い。

向こうも、こっちも疲れていて悪循環だ。

これが慣れてきたらどうなるんだろう・・・。
なんだか、今の状態だと、もう、博多で好き勝手にやってちょうだい。って頭の隅っこで
考える私がいる。おそろしい・・・。

何にも考えがまとまらない。
仕事の追われていることが救いなのかも知れない。

明日は、上の娘の個人面談です。
助教授が忙しい中、時間をとってくれました。
気持ちを切り替えて行ってきます。
[PR]
# by noriko0113 | 2005-10-05 00:21

 テレビのCMで流れています。
この季節はとても綺麗なハズです。 京都・・。

残念ながら、秋に京都へは行ったことがありません。

時間を戻せるとしたら、いつまで戻したいかなぁ。
いろんな可能性をポロポロと落としてきてしまったような気がする。
本当は、今のこの現状が一番良いのかもしれないけれど・・・。

子供に戻っての大人になるまでの人生の分岐点で、右か左か・・。
どちらの矢印に進んでも、結果は同じなのかなぁ。
社会にでるまで、さほどたいして何にも考えずに来てしまったようで、正直いって
後悔もちらり・・・。

ただ、戻れるのなら昔のお付き合いしていた人と上手に別れたかったなぁ。
何が、ココロに重く残っているかというと、ホントは「彼」ではない。
「彼」のご両親。
京都の老舗の家柄・・・。サラリーマンのごく普通の家庭では釣り合わない。
と私の両親に反対されて撃沈した理由。の一つ。
自分が親になってみれば、広い意味で気持ちもわかる。
「何もいらないから、身一つで来て欲しい」と最後の電話であちらのお母様が
言ってくれた。
何度か、会った時は、「かれの兄嫁には内緒よ」と、小さいお雛様とルビーの
ペンダントをご両親がプレゼントしてくれた。

・・・・家族ぐるみで仲良くしてくれて、あちらは来てくれるものだと思っていたにも
かかわらず、結局は私は自分の親をとった。
ある事情もあり、両親に反対されての結婚は、絶対的にダメだったのだ。私自身の中で。

思い出すと、ココロがイタイ・・・。
何年もしまい込んでいたルビーのペンダントはようやく、最近、私の胸元で揺れる。
ごめんなさい・・・の気持ちと共に。

だから、京都へは行けませんでした。
今も、行けるかどうか・・・・重い京都になってしまいそう・・・。
[PR]
# by noriko0113 | 2005-10-03 23:34

ドキドキ・・・・

  
 ハジメマシテ・・・・。
 
ブログ・・・・っていう存在が始まるま前からもう、ずーっと前から、今、思っていること感じたこと、     何かに書き留めたい・・・。そう思っていました。
若い頃は、日記も付けていたけれど、もう、それもずっと前の話・・・。

ココロのなかにずっと溜まっているコト・・。いたコト・・・・。
やっと、言葉の表現で表に出せそう。

何から引き出し開けてだそうかな。
過去のコト、将来のコト、そして・・・今のコト。

少しづつ出していきます。

まずは、今日のコト。
 ダンナさま(以降パパ)は20年ぶりに転勤、福岡へと単身赴任で出発しました。
一人の生活は心配です。過去に二度程、救急車のお世話になっているからです。
あまり、無理をしないで欲しいのが、本音です。
今まで、自宅から通える範囲での勤務先変更はありましたけど・・・。

娘が二人います。大学2年生と高校1年生。
素直にすくすく育ち、おまけに二人共、背も高い。
そんな娘達・・・。転勤の話に「えっ!来年からの学費はどうなるの?」
うーん。どーしてそうなる?
月に一度は、東京で会議があるから、最低でも月一は帰ってくるよ。
なんだか、もう、帰ってこない人みたい・・・。ちょっとカワイソウ・・・・。

コンナニモ、ムスメタチヲ愛シテル、パパナノニ・・・・。

でも、言葉の端々に「最後だから・・・行っちゃうから・・」と言っている私たち・・。
ごめんね。 そんなつもりじゃないんだよ。体に気をつけてね。
[PR]
# by noriko0113 | 2005-10-02 23:36

日常なかで、その日、その時に感じたこと・・ココロの扉を開けてみる 2006年右耳外耳道癌の手術をし 2011年無事に5年を迎えました。現在、手術後遺症:末梢神経障害による痛みと闘い治療中。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28